女性ホルモン(エストロゲン)が少ないとバストアップはむずかしい?

育乳(バストアップ)には欠かせない要素の一つに、
女性ホルモンのエストロゲン作用があります。

今回のテーマはこの「エストロゲン」について、
バストアップとの大事な関係性をお伝えしたいと思います。

女性ホルモンのエストロゲンの働きって?

バストアップとは乳腺を育てることと、
何度かお伝えしてきましたが、

乳腺の発育には女性ホルモンのエストロゲン作用に、
一生懸命働いてもらわないといけません。

ではまずこのエストロゲンについてわかりやすく、
お伝えしますね。

女性ホルモンには「エストロゲン」と、
「黄体ホルモン(プロゲステロン)」とがあります。

この2種類の分泌量は月経(生理)周期によって、
増えたり減ったりしているんですね。

ただ一般的には女性ホルモン=エストロゲン、
と言われることが多いようです。

ではそれぞれの働きですが、
まずエストロゲンは主に私たちの「卵巣」から、
分泌されます。

その一番の働きは女性らしい丸みを帯びた体を、
作ることです。

また子宮や、
「バストの発育を促すためになくてはならない存在」
なんですね。

さらに月経(生理)のメカニズムを整えて、
妊娠、出産、授乳などを行うための役割もあります。

一方のプロゲステロンの働きも重要です。
妊娠するための手助けをするのですが、
受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にしてくれます。

また体内の水分を保持したり食欲を増進させるなどの、
役割も担ってくれています。

バストアップのためには女性ホルモンのエストロゲン作用が大事

ここまで読んでいただければおわかりのように、
育乳(バストアップ)により重要なのが、
「エストロゲン」なんですね。

バストの発育を促す・・・つまり乳腺の成長させる、
大きな働きが期待できるからです。

女性ホルモンが多い人なんていない?

エストロゲンにしてもプロゲステロンにしても、
人一倍多く分泌されるという女性は存在しないそうです。

女性ホルモンの分泌量とは「正常分泌」が標準的な考え方で、
少ない人は存在しても過剰に分泌されるということは、

医学的施術(ホルモン注射など)を施さなければ、
あり得ないそうです。

女性ホルモンの分泌を減少させる危険な行為とは?

先ほど女性ホルモンの分泌量について、
「少ない人はしても過剰に多い人は存在しない」
とお伝えしましたが、

では女性ホルモンの分泌を少なくさせてしまう行為や、
生活習慣についてお伝えします。

◆喫煙習慣。
◆ハードなダイエット行為。
◆ハードなストレスに晒される。

これ以外ですと「染色体の異常」「重い病気」などで、
女性ホルモンは減少してしまいます。

女性ホルモンのエストロゲンを増やすには?

バストアップのための食事法の一つに、
「納豆やお豆腐などの大豆食材を多めに食べて、
大豆イソフラボンを摂取する」

と言う方法があります。

これは、
「大豆食材に多く含まれるイソフラボン成分が、
女性ホルモンのエストロゲン作用に似た働きをする」
からです。

ただここで問題が一つあります。

過去の記事でも解説していますが、
このイソフラボンの作用は、

「エクオール」と呼ばれる成分作用があって、
初めて効果が出てきます。

ところが残念なことにイソフラボンを摂取しても、
このエクオール効果が作用しない人や作用しにくい人が、

なんと半分以上いるということです。
(年代別で変わってきます)

自分の身体にエクオール効果が作用するかしないかは、
ソイチェックを受けることで簡単にわかります。

詳しくはこちらの記事を読んでくださいね。

豆乳飲んでも育乳効果のない人って?-ソイチェックについて-

大豆イソフラボンで育乳効果が出る人出ない人~ソイチェックのお勧め~

そしてたとえ、
エクオールが作り出せない体質であったとしても、

エクオール成分の優秀なサプリも出回っていますので、
直接摂取すればいいだけですからご安心ください。

また過去記事でお伝えしているように、
大豆イソフラボンだけがエストロゲン作用に似た効果を、
促すわけではありません。

キャベツ、ナッツ類に多く含まれているボロン成分もまた、
エストロゲンの分泌を促します。

女性ホルモンのエストロゲンを分泌させる方法

またイソフラボン摂取だけがエストロゲンの働きを、
促すわけではありません。

たとえば乳腺マッサージで刺激を与えることでも、
エストロゲンの分泌は盛んになります。

そして最近驚くべきことが発表されています。

それは、

「寝る前に好きな人をことをいろいろ考えながら、
眠りにつくこと」

で、なんとエストロゲン作用が活発になる、
と言う検証結果が出ているのです。

研究結果によると、

そういった指示のもと就寝についた女性の2/3以上が、
エストロゲン作用が活発になったと公表されています。

具体的には、
好きな人とはリアルな恋人や恋心を寄せる男性だけでなく、
大好きな芸能人などでも全然OKなんですよ。

眠りにつくまでその人との妄想デートから、
食事や散歩そしてちょっとエッチなシーンを、
想定することがベストだそうです。

いずれにしても育乳(バストアップ)と、
女性ホルモンは密接な関係性があることは間違いありません。

「正常分泌」を促すための食事法や睡眠などのコツを抑えて、
乳腺を育てたいものですね(♡´▽`♡)

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

「今日の記事ちょっとだけ参考になったょ(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。」

と思っていただけたら、
ぜひぜひ応援クリックお願いしま~す^^

にほんブログ村 美容ブログへ 人気ブログランキングへ

ではまたっ!

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

チャレンジャーさんってナニ?って思ったら…
チャレンジャー倶楽部に参加するとあなたはどうなる?

新・育乳セミナーメール配信はじめてますよ♪♪
12回限定:新・育乳セミナーメール配信中

バストアップでわからないことがあったら…(◎_◎;)
みさに育乳の質問をしてみる♪♪

基本の育乳を知らないと…
優良バストアップ教材でも育乳できないあなたへ

ホンネで書いている、みさ裏ブログはこっちo(≧▽≦)o
「元貧乳みさのバストアップの方法体験裏ブログ」

胸を大きくする正しい方法でカップアップできてバストアップ方法体験後で胸が大きくなったバストバストアップ口コミブログ検証後に胸が大きくなりました

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ