バストアップ写真が証明~がんばり過ぎないから育乳できちゃう!

数多くのチャレンジャーさんの育乳体験談や、
バストアップ成功お写真は、

これまで裏ブログで紹介することが多かったのですが、
これからはこちらの表ブログで紹介して行きたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

と言うことで今日は、昨年末に紹介したNさん(40)の、
その後の育乳体験談とお写真を紹介しますね。

Nさんの最初の育乳体験とバストアップお写真は、
こちらの記事で確認してみてくださいね。

この写真見て!何サイズアップに見える?
アラフォーチャレジャーさんのバストアップ体験

あれから3ヶ月ちょっと経過しました。
Nさんはヒラクアップでチャレンジャー参加されていたのですが、
今回販売元さんよりお祝い金をいただけたそうです。

審査に通ったお写真がこちらです。

バストアップの方法チャレンジ前 バストアップの方法にチャレンジ後
 

そしてNさんの体験メールがこちらですよ。
※長文メールなので一部省略しています。

Nさんがバストアップの方法に取り組んだ感想と反省

「美紗さん、こんばんは☆チャレンジャーNo351×のNです。

先日、私と同世代のチャレンジャーさんが、
ヒラクアップでお祝い金を頂けたとの記事がブログに載っていましたが、

私も今月、ヒラクアップにBefore・Afterの写真を送ったところ、
審査に通りお祝い金を頂けました!
審査に通った写真を添付させていただきますね。
このときのブラはD70で、どちらもパッドを抜いています。

現在のバストサイズは大体トップが87.5~88cm、
アンダーは71~71.5か72cmです。

ナイトブラが苦しくなり着けられない状態は続いていますが、その分、
昼間のブラ調整をマメにしてしっかり胸を収められるように気を付けたり、
大胸筋・小胸筋トレーニングを意識して行うようにしています。

そして嬉しかった出来事がもう一つあります☆
先日、ワコール系列のお店でアンフィのブラを買ったときのこと。

最初にD70のブラを試着してフィッテングをお願いしたんですが、
店員さんは私の胸を見てすぐに、

「もう一つ大きいサイズのほうがいいですね、今お持ちします」
と言ってE70を持ってきてフィッテングしてくださり、

「やはりこちらのほうがよろしいです!」と太鼓判を押して下さいました!
店員さんにワンサイズ大きいブラを勧められるのは初めての経験だったので、

嬉しい反面、自分で着けるときもちゃんと収められるか心配だったんですが、
店員さんに伺ったところ最初に試着したブラだと胸が、

カップからちょっと出ていたそうで、Eカップのほうが綺麗に収まるとのこと。
確かに最近デザインによってはD70を着けてて胸がカップからポヨンと
浮くことがありました。

そして「こちらのサイズで綺麗に収まります、問題ありません!」
と素敵な笑顔で言ってくださり、とても嬉しかったです(^^)

そしてここからは反省なんですが、これよりも少し前に別の店舗で
ブラをフィッテングしていただいたとき店員さんに、

背中のほうにブラがずり上がっている痕ができていると指摘されて
後ろを見たら、確かにそうでした。

どうやら肩紐を短くしすぎていたことが原因のようです。

早速、家のブラを全部着け直して改めて肩紐を調整しました。
ちなみにこのときはチュチュアンナで買ったんですがが、
D70とE70の両方を試着させてもらい、

フィッテングの結果どちらでも大丈夫とのことだったので、
自分でE70を選びました。

D70だと、カップからお肉がポヨンと出ているように見えたので。
確かこれだと、とてもボリュームがある胸に見えました。

胸の収まりどうこうよりも見た目を重視したい方には良いかもしれません。

だから、グラビアモデルさんが小さめの水着や下着を着けているのって
こういう効果もあるからなのかな?なーんて試着室で思いました(笑)

ブラの話に戻りますが、ずり上がってきた原因に思い当たることがあるんです。
私の部屋の鏡は半身しか見られないサイズで、

しかも立てかけないと倒れてしまうのでいつも斜めに見ている感じなんです。

そうやって斜めに見ているうちに少しずつ自分で肩紐を短くしてしまって、
本来の位置からずれていったのかなと思いました。

それからは、なるべく鏡が斜めにならないように気を付けたり、
隣の姉の部屋の姿見を借りて全身をまっすぐ見られるようにしています。

でもここで指摘していただけたから気が付けて良かったです☆
ちゃんとフィッテングしていただいたブラを正しく着けてれば、
まだまだバストアップできるんじゃないかと希望が湧いてきましたから(笑)

あともう一つの反省点、それは頑張り過ぎたことです。

先に書いたように大胸筋・小胸筋のトレーニングを意識して行うようにして
(回数は美紗さんのマニュアルを守っています)
胸に筋肉痛を覚えるようになったんです。

でも私はそんなときでもトレーニングと乳腺マッサージを続けて、
あるとき胸がものすごく疲れたような感じがしたんですね。

そのとき美紗さんの過去ブログを読み返していたら、
以前も読んで覚えていたはずの記事が胸に響きました。

トレーニングや乳腺マッサージを頑張りすぎた方が、
成長どころか停滞(サイズダウンもでしたか)してしまった、
という記事です。

今の私はこうなりかねないと思い気持ちを改めて、
胸が疲れを感じているときには休もうと決めました。

今はマイペースに、基本的には乳腺マッサージとヒラクアップを続けていて、
筋肉のトレーニングは胸の状態と相談しながらにしています。

乳腺マッサージも疲れがひどいときにはお休みにして、
胸をリラックスさせるようにしています。

美紗さんのブログは更新されるたびに楽しみに読んでいるんですが、
迷ったときに過去ブログを見ると必ずと言っていいほど、
参考になる記事があるので、本当にありがたいです☆

美紗さん、私のバストアップの成果と反省点、いかがでしょうか?

まだまだヌード状態だとBカップ時代とあまり変わらないように見えるので、
これからもハリのあるバスト目指して育乳続けていきます(^^)

育乳は本当に楽しいです。
こんなに下着に気を使うようになったのは人生で初めてだと思いますし、

自分に合っていてデザインも気に入っている綺麗なブラを着けているだけで
気分が全然違います☆

長くなってしまいましたが、まずは美紗さんにヒラクアップの成功と、
フィッテングで初めて大きいサイズを勧められた喜びを報告したいと思い、
メールさせていただきました。

お気づきの点がありましたら、教えていただければ幸いです(^^)
では、失礼します。                」

バストアップの方法を失敗せずに成功させた女性

Nさんがいみじくも書いていますが、

「あともう一つの反省点、それは頑張り過ぎたことです。」

昔のことわざに、
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」
ってありますよね?

がんばればがんばるほどバストが大きくなってくれるなら、
私だってバストアップに励んでいた数年前、
家事すべてを投げ出してがんばっていたと思います(笑)

バストアップ、がんばり過ぎがなぜ良くないか?

バストアップに限らずどんなことでも、
体に負荷をかけることはリスクが伴います。

適度なトレーニングやエクササイズにマッサージなら、
体も脳もそれを受け入れて「効果」につなげてくれます。

でも、限度を超えた負荷はやはり体が少しずつ、
拒否反応を示し始めますし疲労が蓄積されてしまいます。

バストアップのケースでたとえば乳腺マッサージを、
一日に何度も行えば乳腺がダメ―ジを受けて疲労してしまい、

逆にバストが元気なくなって最悪の場合、
サイズダウンすることだってよくあります。

バストアップのためにがんばってやっているのに、
サイズダウンするなんて泣くに泣けませんよね?

何度も言いますが育乳の毎日の心構えとして、

「ほどほどにムリなく、楽しみながら根気よく続けること」

です。

Nさんの場合そこに気がついてこその、
バストアップ効果だったと言えますね(♡´▽`♡)


チャレジャーさんからのメールで、
ナイトブラの効果が多く寄せられるようになりました。

今やナイトブラのパワーは育乳ブラに負けず、
大きな効果が出てくれるようですよ。

最新の参考記事はこちらからどうぞ╰(*´︶`*)╯
ナイトブラの効果はホントでしょうか?バストアップできちゃう?

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

「今日の記事ちょっとだけ参考になったょ(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。」

と思っていただけたら、
ぜひぜひ応援クリックお願いしま~す(//∇//)

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ 人気ブログランキングへ

ではまたっ!

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

夏までに2カップアップ!って決めたら…
チャレンジャー倶楽部に参加するとあなたはどうなる?

新・育乳セミナーメール配信はじめてますよ♪♪
12回限定:新・育乳セミナーメール配信中

バストアップでわからないことがあったら…(◎_◎;)
みさに育乳の質問をしてみる♪♪

基本の育乳を知らないと…
優良バストアップ教材でも育乳できないあなたへ

ホンネで書いている、みさ裏ブログはこっちo(≧▽≦)o
「元貧乳みさのバストアップの方法体験裏ブログ」

胸を大きくする正しい方法でカップアップできてバストアップ方法体験後で胸が大きくなったバストバストアップ口コミブログ検証後に胸が大きくなりました

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ