乳腺マッサージのやり方だけは間違えたら大変ですょ!!

このブログでも、セミナーメールでもお話しているように、
バストアップのための、基礎的な考え方(方法)として、

1、胸郭矯正、
2、大小胸筋活性、
3、乳腺などのバストマッサージ、
4、たんぱく質中心の食事、
5、ブラの力(補正力)

と繰り返しお伝えしていますが、やはりここで大切なことは、
(どれも大切ですが)

「マッサージ」ですね。

今日はそのマッサージの考え方をお話したいと思います。

「育乳のためのマッサージ」

の概念は、乳腺への適度な刺激、散ってしまったはみ肉の寄せ、
滞ったリンパを流す、の3点ですが、

リンパが停滞していない人や、寄せるはみ肉もない、
と言う場合でも乳腺マッサージだけは、必ず必要になります。

これはそのやり方に、大切なポイントがあります。
何より重要なことが、

「乳腺を必要以上にマッサージ(刺激)しないこと」

なんですよ。

乳腺は私たち女性の体の中でも、とてもデリケートな
部位ですから、

必要以上に刺激すれば、乳腺そのものが疲労するからです。

バストアップとは乳腺を増やす(太くする)ことで、
バスト脂肪が生まれるのですが、強すぎる力、

あるいは長時間、乳腺をマッサージしたために、
乳腺が逆に元気をなくし、バストそのものの 張りが
なくなる、

と言う笑えない現象が出てしまうことも、
少なくないからです。

また、脇周辺に散ったはみ肉(脂肪)は、
繰り返し寄せることで、

バストに定着はしてくれますが、
これもまた必死になってやり過ぎれば、

せっかくの寄せのマッサージがダイエットマッサージ
のように「脂肪燃焼」を起こしかねません。

こういった点にくれぐれも注意して、
バストマッサージを行ってほしいのですが、

バストマッサージだけを例に取れば、
これはもうやはり、かのジャックままの 3つの要素…

乳腺への適度な刺激、
散ってしまったはみ肉の寄せ、
滞ったリンパを流す、

をバランスよく取り入れて、ベストセラー教材
となっている、

バストあっぷるん

はじめ、多くのシリーズで紹介されている、
バストマッサージノウハウが、ダントツに優れている、
と思います。

チャレンジャーさんにも、わたしもよくお話するのですが、

「リンパマッサージやツボ押し、また胸筋ストレッチの
やり方に多少の間違いがあったり、あるいは、

長時間やってしまっても、ほとんど大きなリスクは
ありませんが、乳腺マッサージだけは、

間違ったやり方だったり、いい加減にやると逆効果になる」

と言うことです。

こういった正しい育乳の考え方を、あなたがしっかり
理解して、モチベーション高く続けることができれば、

あなたのバストアップの夢は、きっと叶うと思います。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

簡潔に正しい育乳法の考え方や 基本的なノウハウを、
知りたいようでしたら、こちらの記事をどうぞ(´▽`*)

「12回限定:育乳メールセミナー“5つの正しい育乳法☆”」

ホンネで書いている、 みさ裏ブログはこっちo(≧▽≦)o

「元貧乳みさのバストアップ法体験裏ブログ」

こっちのブログランキングでも、
いろいろな情報が読めますよ(* ̄∇ ̄*)

にほんブログ村 美容ブログへ 人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ